読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるっと落ちた

「恋」とは呼べないけど、「あなた」に

twitterをはじめたい

Hey! Say! JUMP
twitterでJUMPのことを気軽に呟きたい
そんな願望が定期的に湧き上がる
 
会社帰りにJUMPの新着情報を見たときや雑誌を読んだときの瞬間的な喜びを、現状、一人で、真顔で消化している
が、心の躍りようと真逆の表情を無理にキープするからか、基本的には消化不良状態である
かと言ってブログに「裕翔くんの糖の吸収ツッコミナイスw」*1とか「THE MUSIC DAYのやぶひか連続ウインクで魂抜かれた」と書くのは畑が違う訳で
やっぱり、瞬間的な気持ちを発信するときは、手軽さが魅力のtwitterが最も適していると思うのだ

ロム専なリア垢ではあるが、twitterをやったことがない訳ではない
しかしtwitterはこわい
何がこわいのかと言えば、例えば自己紹介文が
〇〇line☆彡〇〇くんよりのall担(ㆁᴗㆁ✿)JUMP愛ing♡~since2007.9
愛方ちゃん@~《☆.。.同盟》
↑イメージで適当につくりました
のような攻撃力の高いアカウント(※個人の感想です)
統計をとった訳ではないが、TLを見ていてるとJUMPファンは中学生~大学生の割合が多いように思う
ギャルにもサブカルにもなれず、今ジャニオタにもなりきれていない会社員・女(25)には、上のような自己紹介文や学生ならではのやり取りは眩し過ぎて干からびる
けなしている訳ではないですむしろ羨ましい気持ちの方が大きい
だからこそ、その世界に入ってもいいのかな?という引け目がある

そもそも、某キラキラブログからはてなに引っ越したのもそれが要因だった
自分がそのフィールドにいることを場違いだと感じてしまうのだ
例えるなら、うっかり男子トイレに入ってしまった瞬間とか
服装自由を謳っている就職説明会に私服で行ったら、みんなスーツだったとか
リムジン女子会や意識高い系の集合写真、結婚報告に溢れたFacebookを開いたときとか
例えられてんのか?これ。まあいいや
ちなみに下2つは実体験です
 
しかしそんなことよりこわいのは、心ない呟きや、雑誌の早売り、チケット売買の前にマナー買ってこいやと思う質の悪いやり取りを目にしてしまうこと
ミュートしても結局RTでまわってきたりと、構造上見ないようにする、というのがなかなかできないのがtwitterの難点
わざわざテンションが下がるツイートを見たくはない

……
 
というかアレか
今“JUMP”で検索してツイートを見ているからそんなものが目に入ってしまうだけで。
却ってアカウントつくって情報アカとかフォローした方がネガキャン遭遇率は低くなるのか?あれ?

自己解決?


 


これもしかしたら次の記事のタイトルtwitterはじめましたになってるかもしれん
あーでもアカウント新たにつくるなら、リア垢整理が先だなあ。うーん
 
話は変わりますが、今日youtubeを徘徊していたらUNISON SQUARE GARDENが期間限定でMVをフル公開していることを知りました
誰やそれと思うこと無かれ、伊野尾くんがらじらーで一度彼らの曲『シュガーソングとビターステップ』を流したことがあります*2
12日まで聴けるとのことなので良ければ是非

 
今回公開されている中でさもが一番好きなのは『徹頭徹尾夜な夜なドライブ』

ライヴで聞くと最高にテンション上がります
上の曲でユニゾンが気になったアナタはこちらも是非に
 
さあ相葉マナブも見たことだし、ドクターXを見て日曜日を締めくくりましょうかね!
 

*1:いただきハイジャンプ 6/29

*2:2015.10.3