読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるっと落ちた

「恋」とは呼べないけど、「あなた」に

マンネリいたジャンに物申したい

いただきハイジャンプ、略していたジャンは、2015年夏からレギュラー放送となったHey! Say! JUMP初の冠番組である
新曲をいち早く披露してくれたり、メンバーの新たな一面を引き出してくれたり、
メンバー数が多い中、ドラマ連動企画と称して一人ひとりの個性にスポットライトが当たるように工夫してくれたり
スタッフさんのJUMP愛も伝わってくる貴重な番組である

しかしここ最近、なんとなく企画がマンネリしているような…黒子企画*1が多いような…
検証すべく、過去の一大事をカテゴライズしてみました

カテゴリーは8分類

①子供系
 夢中企画、黒子企画など子供と接する企画
 山田くんの一日パパ(15.7.8)もこちらにカウント
②検証系
 JUMPメンバーが実際に体験して疑問を検証する企画
 大型犬シリーズやマユツバ調査隊、自撮り企画(16.11.9~16)もこちらにカウント
③反則JUMP
 その道のプロに反則技で挑むここ最近定番の企画
④ハイカロパ
 コストパフォーマンスが良くてカロリーが高い "お得なデカ盛りグルメ"を複数軒まわって食べる企画
⑤その他グルメ系
 カラを破る牛タン料理(15.12.30)、脱落グルメ!超くい亭(16.7.20)など、
 ハイカロパ以外の料理・グルメ関連の企画
⑥メンバー苦手系
 メンバーの苦手に焦点を当てた企画
 ビビリ三銃士(16.2.17~24)や猫嫌いが選ぶ可愛い猫(16.8.17)など
⑦ドッキリ
 単発時代の寝起きドッキリ(14.12.30)や筋肉痛運動会(16.2.3)など
⑧その他
 ①~⑦のいずれにも該当しない企画
 全員で一大事解決やFNSフェスティバルの舞台裏など


単発時代~今週1.25放送予定分も含めると放送回数は73回
グラフ化するとこんな感じになりました 

f:id:mofumofusamo:20170122142324p:plain


結果、子供系企画が全体の20%以上を占めることが判明
また、反則JUMPが予想より上位に食い込んでいることも明らかになった
特にFNSフェス以降(16.7.27~17.1.25)に焦点をあてると、22回の放送のうち黒子企画と反則JUMPは12回

f:id:mofumofusamo:20170122144056p:plain


つまり去年の夏以降、2回に1回は黒子or反則企画なのである
え?これ一大事じゃない?

黒子企画そのものは素敵な企画だと思う
子役だろうがなんだろうが、子供が一生懸命になって苦手に取り組む様子は見ていて微笑ましいし、メンバーが子供と接する姿にはラブ&ピースが詰まっている
年齢層や性別を問わず、またJUMPのファンでなくとも、ほっこりした気持ちになれる企画ではないだろうか
しかしだからこそ、タイミングを選んでほしいと思うのである

チャンネル回してたら面白そうだなと思ってそのまま…なんて展開が厳しい超深夜帯の放送
毎週チェックしているのはほぼ確実にJUMPのファンだけである
黒子企画は自転車や鉄棒など苦手項目の縛りが減る一方で、夢中企画のようなコスプレがないし、メンバーと子供が直接顔を合わせないので各メンバーの個性が出にくく、ファンのツボにはまりにくいというデメリットがある
というか、黒子企画初回(16.5.25)の裕翔くんの涙が綺麗すぎて、あれが最高地点だったなと思うのです
一番の視聴者層であるファンが食いつかない企画を頻繁に見せるメリットは、ない

あと個人的に反則JUMPはあまり好きではない。笑
その道のプロのテクニックに毎回感嘆するし、髙木くんのドライビングテクニックに惚れ惚れしたり(2016.11.30)することもあるけれど、ハンデとは到底言えないくらいの暴挙に出ている時は、やっぱりズルいと思ってしまう。笑

カテゴライズした結果、やはり最近のいたジャンはマンネリの傾向にあることが分かった
が。しかし、そのことを嘆く必要はない
なぜならこのマンネリを脱する方法は最初から、番組HP内に用意されているからだ




そう、いただきハイジャンプは視聴者投稿型の番組
しかも他グループの番組の「やって欲しいシチェーション」*2や「A.B.C.-Zと対決したい5人組」*3などに比べると、

・身近だけど徹底的に調べてほしい事
・自分だけでは解決できない悩み
・その他

と、投稿のハードルはかなり低め!笑
最近つまらない、黒子企画はもういいとtwitterに流すよりも、自分たちが面白いことを考えて番組に送る方がはるかに有効だろう
採用される可能性こそ低いだろうが「こういうのを求めているんだな」と制作側に伝えることに意義がある
ちなみに私が猛烈にやって欲しいことは、

・王道!ダイエット企画
2週間~1か月の糖質オフダイエットで痩せることは出来るか
よくあるダイエット番組のように、普段の食事の様子とか自宅のキッチンでこんなんつくりましたとかの映像があったら歓喜すること間違いなし
年中ダイエット中な髙木くんと、ヒルナンデスがあるから厳しいかもだけど大ちゃんにやってほしい
他のメンバーが菓子パンを美味しそうに食べる姿を見てくそー!とか言って欲しいし、放送後のべいジャンで実践中のエピソードが流れたら尚のこと良し!

・岡本圭人 1人で黒子企画
通常3人でおこなう黒子企画をあえて1人で全部やる
途中、判断に迷ったら某番組よろしく「テレフォン」(頼りになる人に電話する。ただし繋がるとは限らない)や「オーディエンス」(スタッフの多数決で決定。ただしスタッフが偶数だった場合結局岡本くんが全部決める)で助けを求めることが出来る
最終的な「ヘルプ」ボタンを押すと、何も知らされていないメンバーの誰か(伊野尾くん希望)が助けに来てくれる
以前演出の三宅さんが「子供とマンツーマンで向き合うロケとか、他の人に譲る必要のない企画なら、岡本くんの優しさが全面に出るかもしれない」*4と話していたのでこれは是非実現してほしい

・JUMPで映画プロジェクト
先日届いた会報で、2015年から持ち越している目標「9人全員で映画やドラマに出てみたい」をいつか絶対叶えたいと決意を新たにしていたので、いたジャン内で構想を練ってしまえば良いと思う
番組内で視聴者から募集したストーリーの中からセレクトしたもの、または自ら考案した内容を各メンバーがプレゼンし一つにしぼる
そして予告編を裕翔カメラマンが撮影、9人全員で偉い人にプレゼンする
最終的に本当に映画化できれば御の字だし、コンサートの内容も全員で練る、と言っている彼らの話し合いやプレゼンっぷりを垣間見るのはファンとしても嬉しい
実現性はかなり低いけど、言霊ことだま!


f:id:mofumofusamo:20170122220244j:plain


そして早速応募しました(早)
こう考えると、JUMPとJUMP愛にあふれるスタッフさんとファンの投稿でつくれるいたジャンって素晴らしいな!!!
いやラジオや雑誌もそうだけどね!素晴らしいね!(単純)

以前ネット上で「良い男は見つけるのではなく育てるのだ」という結論のパワーポイントを見たことがある
今年の夏で2周年を迎える大事なだいじな冠番組
良い番組を我々の手でも育てよう、なんて大層なことは言えないけれど
つまらないと嘆く、面白い企画が生まれることを祈る、以外にもコマンドはあるので、皆さまも思いついたら番組HPへ!
ひあうぃーごー!!

*1:子供の前に姿を見せずに、子供の苦手克服を手助けるする企画

*2:キスマイBUSAIKU!?

*3:ABChanZoo

*4:QLAP! 2016.8