読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるっと落ちた

「恋」とは呼べないけど、「あなた」に

Fantastic TimeがFantasticどころじゃない話

Hey! Say! JUMP

ここ最近のJUMPは、わちゃわちゃと可愛いが満載の曲とダンスと雰囲気だった
それはそれですごく魅力的だったのだが、今回満を持して9人が全力で踊るダンスチューンがリリースされた
いやーもうFantasticなんて言葉じゃ足りないわー
このMVの魅力を表すに適切な言葉がまだ世界に生まれていないパターンだわー

  • MV

時計の針を意識した無数のレーザーを背景に踊るというシンプルな構成
なのに、いやだからこそ彼らのダンスのかっこ良さにあてられて、見終わった後自然に巻き戻しボタンを押してしまう
twitter見てたら同じような方を何人も見かけたので、あのDVDにはそういう魔法がかかっていると思われる
次々と変わるフォーメーションが目をひく上、様々なコンビ・ソロショットを取り揃えてファンの心をぐっと掴んでくるから振付師さん本当に天才
今回歌っていないメンバーは存在感を消せ*1と言われていたそうで、だからなのか、よりコンビ・ソロが映える振付になっているように感じる。いやほんと振付師さん天才か。(2回目)

個人的に、2番のサビで333に分かれるとこがやぶひか+裕翔くんで私得。笑
「だから」3文字で魅せてくる裕翔くんのことを同じ3文字で表そうとしたらどう考えても「ヤバい」しか出てこないし、いざ書き出したら原稿用紙が必要になるから書かないけれど、結局は筆舌に尽くしがたいの一言に集約されるだろうなぁ
いつも同じ言葉で申し訳ないけどかっこ良くて素敵だよ!!!
あとMr.Flawlessな3人がセンターで終わるラストが斬新で好き

そうそう、岡本くんをポンパドールにした方に個人的に金一封を差し上げたいのだけど、あれはスタッフさんかな?本人かな?
ただでさえサビでのセンターを喜ぶ天使みが可愛くてつらいのにポンパドールって…!げきずる。

 

  • C/W

Never Let You Go(初回プレス・通常盤共通)
ちょっと昔っぽい曲調とHere we go!な大ちゃんの声が好き
大人な感じの曲がDEARからというのもあるだろうけど、知念くんの歌声レパートリーの広がりをここでも感じる
可愛いだけの知念たんじゃないんだぜ

静寂の朝、君といる世界。(初回プレス)
裕翔くんソロから始まる曲は決して多くないので貴重な一曲
曲全体の雰囲気に、裕翔くんの透明感のある声が合っていて癒される
メイキングの八乙女くんは幻かなにかなの?というくらい、落ち着きつつも感情がこもるセリフも良い
このギャップで何人の八乙女担が増えることか…!

ワンダーロード(通常盤)
本人が言っていた通り*2、爽やかな曲での髙木くんの歌声が新鮮な一曲
大サビ前の山田くん髙木くん薮くんが「やり方なんてきっと どうにかなってしまえば 正解に変わる」と歌うところで反則3人組じゃん!とつい笑いそうになってしまうのは少数派ですか?ですよね


What A Feeling(通常盤)
ベースソロのイントロがかかった瞬間「あ、わたし、これ、一番好き」となった曲。笑
パーリモンスターに続き岡本くんのラップが光っているし、伊野尾くんの「見てみぃたぁあい」が最高に伊野尾くんで好き。笑
サビでなんとなくスリラーを感じるけど笑、ダンサブルで耳に残るしコンサートでやらないかなぁ
体力的に絶対きついけどWhat A Feeling→Fantastic Timeの流れとか最高にかっこ良いと思う

メイキングやフォトブックではわちゃわちゃとした今までの良さも残しつつ、かっこ良い一面も見せてきたJUMP
これが革命前夜だとしたら、その先にはどんな未来が待っているのだろう
知るのが遅かった分、これからの景色を一緒に見ていけたら
そう思う金曜Mステ後のさもなのでした 

 

Fantastic Time(通常盤)

Fantastic Time(通常盤)

 

 

*1:Songs 2016.11月号

*2:Fantastic Time特設サイト