読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるっと落ちた

「恋」とは呼べないけど、「あなた」に

センテンススプリングを受けて衝動的にファンレターを書いた話

Hey! Say! JUMP
 
まさかこんなに短いスパンで裕翔くんの良からぬ話が持ち上がるとは思わなんだ
世の裕翔くんファンの10割がそんな気持ちになったと思う
 
泥酔騒ぎによる警察沙汰
 
以前の熱愛報道は、言ってしまえば個人の自由の範囲内だった
アイドルという職業柄、波に乗っているこのタイミングでの報道に思うところがある人も勿論いたけれど
恋をするなとは言えないし、個人の恋愛にそこまでとやかく言えない
せめてバレないようにね
そんな意見が多かったように思う

だが今回は違う
被害届が出ていないから事件化していないだけで、一歩状況が違ったら逮捕されていても何らおかしくはない
アイドルだの波に乗っているだの関係ない、一社会人としてアウトである

しかもお酒の騒ぎで週刊誌に載っていたこと、前もありましたよね?
その時にお酒との付き合い方をもう少し考え直していれば今回の事態、防げたのでは?

なんとなく、酔うと楽しくなっちゃうタイプなのかな、と思う
完っ全な想像だけど
そういう人って周りが面白がって飲ませてくることもあるし、楽しくなっちゃってるから自分でも飲んじゃうんだよなあ
けど本人が自分の限界点を分かっていればセーブできるし、周りももうやめとこうと言えば泥酔までいかないのよね

あと驚いたのが、この事態を受けてのTwitterでの呟きの一部
最終的な着地点は「裕翔くんが好き・応援する」で同じスタンスなのだけど、あまりにも盲目的な人もいて控えめに言って引いた
年齢なのかなあ…
なんて思ってたらチケット詐欺事件のニュースが夕方流れてきて
民度なのかなあ…
なんてファンが思うのだから況や世間をや

熱愛報道と同時にこのニュースを記事にしても、埋もれてしまうのは確実
センテンススプリングさんもタイミングを見計らっていた感はある
そうはあっても、時間をおいてのこの連続スキャンダルは痛い

根は真面目な彼のことだ
反省もしているだろうし、気に病まないはずがないだろう
いつも元気と幸せをもらっているのに、さもは何もすることが出来ない
なんて無力・・・
そう思った瞬間、衝動的に手紙を書こうと決めた

f:id:mofumofusamo:20160519223639j:image


人生初のファンレターをこんなやっつけで書くとは思わなかった

便箋2枚に、自己紹介と裕翔くんの好きなところ、報道を受けて衝動的に書いたこと、それでも裕翔くんを応援しているしそういう人はたくさんいるはずだということ(←我ながら書いてて何様だと思った笑)、ドラマ期待していますねということを書いた
そして確実に意味がないことを知りながら、今朝速達で出そうとした

が、最終的に投函するのはやめた
実際の記事も読まずに的外れなことを書き散らしていたら申し訳ないし、何よりもっと文章を練って、丁寧な字で書きたかった
就活中、さして志望度の高くない会社説明会に履歴書が必要なことを思い出し、前日夜に慌てて書いたことがあった
なんとなく、やっていること同じじゃないか?と思ったのだ
また別の機会に、もっときちんと書いたものを送ることにします

上にも書いたように、ファンは変わらず裕翔くんを好きでいるだろう
だが、裕翔くんと仕事をする相手はどうだろうか
信用は過去の自分から贈り物とも言える
過去からの贈り物を失った裕翔くんに昨日のミスにはこの際バイバイ、なんて軽くは言えないけれど
眩しい明日が裕翔くんを待っていると思うんだ
だから仕事で、地道に取り返してほしいと切に願う

さて、改めて、ファンレター何をどう書こうかななんてことを考えながら
あと10分後のラジオを聴こうと思います