読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるっと落ちた

「恋」とは呼べないけど、「あなた」に

【お題】伊野尾くん、君とは分かり合えない

雑記 Hey! Say! JUMP

今週のお題「犬派? 猫派?」
初めてお題なるものの記事を書いてみる

プロフィール画像を見てお分かりの通り、さもは犬派だ
ここで名乗っている「さも」も画像の犬種「サモエド」からとっている

だが、ほんの少し前までは圧倒的猫派だった
魔女の宅急便のジジがきっかけで猫の可愛さに堕ち、
小学生の時から黒猫を飼いたいと両親に訴え続けてきた
(そして不吉だからと当然のように却下され続けてきた)
今現在でもさもの部屋には猫モチーフがはいった小物が残っているし
なんだったら去年の誕生日にも、友人から黒猫が刺繍されたティッシュケースを貰った

では、何故犬派になったか

理由は単純で「さもがあまり猫に好かれるタイプではないから」笑
一概には言えないだろうが、猫はやはり気まぐれな性格
自分が遊びたいときにしかこちらには寄ってこないし、干渉されるのを嫌がる
ゆえに、猫を見つければこれ見よがしに絡もうとするさもは
街にいる野良猫にも、親戚の家で飼われていた猫からも
ツンツンな態度でフラれ続けてきた

その点、犬はかまってくれるから良い
ダメ押しだったのが、親戚が飼っているチワワ3匹と初対面した時だ
もうね!わしゃわしゃ3匹がつぶらな瞳をキラキラさせてしっぽぶんぶん振りながら
争うように座っているさもの膝に乗ろうとする訳よ
くすぐったいし可愛いしでもうきゅんきゅんしっぱなし
で、さもが調子にのってエサもないのにお手!お手して!と
お願いし続けたら、さもにだけ手ぶらでもお手してくれるようになった。w
(飼い主には餌がないと絶対にやらない)
お手してくる時の「しょうがないな」感がすごいの。笑
一緒に遊ぶというよりは遊んでもらってるイメージ

サモエドは大型犬だし難しいけど、
将来スピッツを買ってハチミツ*1と名付けて愛でたい
オスだったらハチくんと呼ぶしメスだったらミツちゃんと呼ぶ。笑

ここまで書いてJUMP好きな方はお気づきと思うが、
今や猫好きとしてテレビにまで出ている伊野尾くんと真逆のパターンなのだ*2
一日で心奪われることは、実際にある話なんです。w

そんなことを思いながら、これから伊にゃー慧を見ようと思います

そしてついでのようになってしまったけど、
髙木くん26歳のお誕生日おめでとう
クールな顔立ちで、ライヴ中はわりとリアクションも少なめだけど
いたジャンでリアクション芸やオネエキャラを発掘されたギャップの宝庫
髙木くんの甘い歌声が一番好き
素敵な誕生日をお過ごしください

ニューシングルも出るし話題が尽きないよJUMP!

*1:言わずもがなスピッツの名曲である

*2:2016.2.10 いただきハイジャンプ トーク