読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるっと落ちた

「恋」とは呼べないけど、「あなた」に

閏日の翌日に、思う

 
おいおい東京事変閏日にコメント出してるじゃねえか…!!!
 
 
と、気付いたのが今朝の話
閏日から6時間over
がっでむ
だって寝ちゃったんだよ、over
 
って違うちがう
今日は事変の話
 
そう、4年前の昨日、東京事変は解散した
 
当時5thアルバム「大発見」発売時のインタビュー記事を読んだ時。
あ、解散するかも、という予感と、先取りするかのように一瞬感じた喪失感を今でも覚えている
 
バンドが解散する理由は様々だ
メンバー同士の意見の不一致・不仲もあるし、もっと単純に売れなければ解散する。
その数ある理由のうち「完成してしまったから」というものがある。
このバンドで、このメンバーで出来ることはやり尽くした。最高の作品が出来た。これ以上のものは出来ない。というものだ。
 
正確な雑誌名は覚えていないが、そんなようなことを彼らはインタビュー内で語っていたのである。さもの記憶に間違いがなければ、ゆら帝もそう言って解散した。
事変ももしや…なんてそれこそ思ったのだが、解散を望まないさもはそれをただの嫌な予感で片付けてしまった。
故に解散ライヴに乗り遅れ、結果、最後に立ち会うことは叶わなかった。
ただその直前に行われたフェス*1で彼らの演奏を生で聞くことが出来たから、まだ良かったと、自分を納得させている
 
会社帰りに、久々に「落日」を聞いて帰った。
以下落日の一節
 
独りきり置いて行かれたって
サヨナラを言うのは可笑しいさ
丁度太陽が去っただけだろう
僕は偶然君に出遭って
ごく当たり前に慈しんで 夕日を迎えた
さあもう笑うよ
 
英語で“You are my sunshine!”なんて耳にしたら
大半の人がキザだーー!!!なんて思うだろう
 そう考えると上の歌詞は、日本人にもしっくりくる、
文学的な“You are my sunshine”だと思いませんか
 
今日から林檎さんが音楽を担当するCMがスタートした
新しい林檎さんの音楽を、また聞きに行こう
 

*1:EMI ROCK FES 2012.2.19